西郷どん−あらすじ(ネタバレ)と感想のまとめサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク




西郷どんの放送を見逃した方は、こちらから視聴できます!

あらすじ記事一覧

俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」を毎週楽しみに見ている。2月18日に放送された第7話「背中の母」のあらすじと放送を見ての感想をまとめました。放送を見逃した方は、あらすじからどうそ読んでください。◆西郷どんー第6話「謎の漂流者」のあらすじ藩主・斉彬(渡辺謙)を相撲で投げ飛ばした、西郷吉之助(鈴木亮平)は牢屋(ろうや)に入れられるが、そこには衰弱した謎の漂流者(...

俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」を毎週楽しみに見ている。2月18日に放送された第7話「背中の母」のあらすじと放送を見ての感想をまとめました。放送を見逃した方は、あらすじからどうそ読んでください。◆西郷どんー第7話「背中の母」のあらすじ嘉永5年夏、祖父・龍右衛門(大村崑)が労咳を患って亡くなった。吉之助の嫁を見ることができなかったことが心残りだったと聞かされた...

俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」を毎週楽しみに見ている。25日に放送された第8話「不吉な嫁」のあらすじと放送を見ての感想をまとめました。放送を見逃した方は、あらすじからどうそ読んでください。◆西郷どんー第8話「不吉な嫁」のあらすじ須賀(橋本愛)が嫁入りした年は、祖父と父(風間杜夫)と母(松坂慶子)の3人を立て続けになくし、須賀は隣人から“不吉な嫁”と噂される...

俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」を毎週楽しみに見ている。3月4日に放送された第9話「江戸のヒー様」のあらすじと放送を見ての感想をまとめました。放送を見逃した方は、あらすじからどうそ読んでください。◆西郷どんー第9話「江戸のヒー様」のあらすじ薩摩を発って四十五日、斉彬一行は江戸に到着した。斉彬の江戸での屋敷は、生家でもある芝の薩摩藩邸、ここで1000人近い藩士...

俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」を毎週楽しみに見ている。3月11日に放送された第10話「「篤姫はどこへ」のあらすじと放送を見ての感想をまとめました。第10話の平均視聴率は14・4%だったそうです。放送を見逃した方は、あらすじからどうそ読んでください。◆西郷どんー第10話「篤姫はどこへ」のあらすじ吉之助(鈴木亮平)は、水戸の徳川斉昭に書状を破られたことを報告す...

俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」を毎週楽しみに見ている。3月18日に放送予定の第11話「斉彬暗殺!」のあらすじと放送を見ての感想をまとめました。放送を見逃した方は、あらすじからどうそ読んでください。◆西郷どんー第11話「「斉彬暗殺!」のあらすじ斉彬は篤姫(北川景子)を将軍家に嫁がせようとするが、将軍家定は幼い頃から病弱で、言動もはっきりしないような有様で、ま...

俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」を毎週楽しみに見ている。このページでは、3月25日に放送予定の第12話のあらすじを載せています。ネタバレになりますので、注意して読んでください。◆西郷どんー第12話「運の強き姫君」のあらすじ病が全快した斉彬はお由羅騒動で処罰された人々に次々と特赦令をだした。正助の父も五年ぶりに大久保家に帰ってきたが喧嘩友達の吉兵衛が亡くなって...

俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」を毎週楽しみに見ている。このページでは、第13話「変わらない友」のあらすじを載せています。ネタバレになりますので、注意して読んでください。◆西郷どんー第13話「変わらない友」のあらすじ安政の大地震によって篤姫の嫁入り道具がほとんど壊れてしまったので、婚儀は来年に延ばされた。吉之助は篤姫の嫁入り道具の調達を命じられ江戸中を駆けず...

俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」を毎週楽しみに見ている。このページでは、第14話のあらすじを載せています。ネタバレになりますので、注意して読んでください。◆西郷どんー第14話のあらすじ安政4年(1857年)。江戸ではアメリカ総領事のハリスが日米和親条約にもとずいて将軍家定へ謁見を強く要求していた。10月21日、いよいよ家定がハリスに会うことになった。ハリスは...

俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」を毎週楽しみに見ている。このページでは、第15話のあらすじを載せています。ネタバレになりますので、注意して読んでください。◆西郷どんー第15話のあらすじ安政5年(1858年)。京の近衛や月照が働きかけたおかげで、いよいよ天子様から将軍継承に関する詔が下されることになった。吉之助と佐内がその写しを見せてもらった。そこには慶喜の名...